30代で転職に悩んだら

MENU

業種別・転職記事一覧

医師が転職するには、これまでは医師の世界には一般社会と異なる「医局制度」というものが古くからあります。この制度によって医局からの紹介による転職が一般的でした。しかし、最近の流れとして、医局中心のシステムが縮小されてきつつあるのが現状であり、一般社会と同じように自分で転職先を探す医師が増えてきました。医師も将来の進む道を自分で選択する傾向が強くなってきたといえるのです。それまでは、大学を卒業すると同...

看護師でなかった人が看護師に転職しようとする場合、まずは資格を取得しなくてはいけません。看護師が転職をしようと考えている場合には、看護師の仕事というものは大変忙しので、必要な情報を集める時間もあまり取れないと思われます。ですから、看護師専門の求人サイトなどを上手に利用してみるのも一つの方法です。看護師の仕事は、非常に転職が活発な職種になります。看護師の全体の7割が転職経験者というデータもあるほどで...

IT系への転職を考えた場合、IT関連のスキルや資格は必ず必要と言う事ではありませんが、転職を有利にさせる前提条件であることは間違いありません。就職・転職・独立起業等全般的に役に立つような資格もあれば、専門的な資格も有ります。IT系企業、なかでも外資系などへの希望の場合は英語力が要求められる要素は非常に高いです。IT業界は、全般的に需給が常にひっ迫している、慢性的に人材不足という状況です。特にSEの...

転職サイトはインターネット上のサービスです。インターネットとは情報技術、いわゆるITによって成り立っているものです。そのため、転職サイトの主役はやはり何と言ってもIT系の職種です。IT系の職業というのは実に幅が広くそれぞれのスキルが細分化されています。一般的にはIT系職種というと「パソコンに関係する仕事」「ソフトを作る仕事」という程度の認識だと思いますが、同じパソコンを使うと言ってもそれぞれのスキ...

女性なら一度は憧れを抱くであろうアパレル業界ですが、アパレル業界と一口に言っても、その業種はたくさんあり、それによって、収入や勤務体系に大きな違いがあります。アパレル業界の業種は、・デザインや製作を行う業種・販売に関わる業種・コーディネートを行う業種の三つに大きく分けられ、この三種もさらに細かく細分化されています。ですから、まずは自分がどういう職種を希望しているのかをハッキリさせる必要があるでしょ...

医療・介護業界の仕事のほとんどは、資格を必要としています。資格の種類も様々あり、比較的簡単に資格が取得できる介護関係と、資格取得が難しい医療関係とに分けられます。また、特定の資格を持った上でなければ資格の取得が出来ないものや、更なるステップアップとしての資格取得もあります。例えば、看護師が助産師免許を取得したり、医者が救急救命士の資格を取るように、まず特定の資格がなければならないケースがあります。...

転職サイトの重要性や役割が高まるにつれて、専門的な職業の転職サイトも数多く登場しています。その中でも専門性の高さにおいては群を抜いているのが医師や薬剤師、看護師など国家資格が必要な医療関係職の転職サイトです。すでにご存知の方なら何とも思わないところですが、初めてお知りになった方は素朴な疑問を持たれたと思います。医師や薬剤師は難関の国家資格でもあるし、働き口に困ることはないのでは…?そうです、筆者も...

税理士・司法書士・行政書士・弁護士などの士行を目指しているあなたなら、当然、既にその資格を持っていることと思います。もし、まだ資格を持っていないのであれば、まずは資格を取らなければ話になりません。基本的に目指す士行の国家資格を取得する必要があり、大学や専門スクールで学んで試験を受けるのが一般的です。いずれにしても簡単な試験ではなく、何度も受験に失敗する人も多く存在します。また、これらの職種のほとん...

ホテル業界というのは、その他の業種とは、転職に対するとらえ方が違うようです。これは、転職率がホテル業界では非常に高い事からもうかがえます。転職と聞くと、ネガティブなイメージが多少なりともあるのが一般的ですよね。しかし、ホテル業界では、不満=転職という訳ではないのです。採用に関しても、経験者のニーズが高いのがこの業界の特徴といえるでしょう。もちろん、休暇や給与に不満があって転職している方もいます。し...

転職先の企業として依然として人気が高いのが外資系企業。日本に進出している外資系企業はそれだけ実力があるということで、グローバル企業であることが多く、それだけ一流の企業が多いですから転職先として人気が高いのも納得出来ます。もっとも、本当のところは「カッコいいから」という分かりやすい志望動機ももちろんあるでしょう。さて、そんな憧れの外資系企業とはどんなものでしょうか。まずは外資系企業についておさらいし...

人に何かを教える仕事、いわゆる教師・講師という仕事には様々な職種があります。例えば、幼稚園などの保育士、小学校・中学校・高校・大学の教師や教授になるには国家資格が必要です。塾や予備校の講師も、基本的には教員免許取得者でなければ雇ってもらえないでしょう。最近は少子化のため、学校の教師もなかなか枠が空きませんから塾講師を目指す人も多いようです。しかし、塾講師になるのにも、競争率が大変高いのが現状です。...