30代で転職に悩んだら

MENU

転職と面接記事一覧

新卒時の面接と、転職の際に実施される面接とには、異なる部分と共通する部分とあるといいます。当然のことですが、今より前に他の会社に就職していた経験があることになるのが、転職をするということなのです。面接を転職のためにする場合には、必ず前職を辞めた理由について聞かれることになります。いろいろと転職の理由はあるのではないでしょうか。自己都合で辞めた場合には、他の理由で辞めた場合よりも理由を明確に説明でき...

面接を受ける場合、転職活動時に限らず、履歴書による書類選考が面接の前にはあることが多いといえます。ということはすでに面接官は履歴書に書いて提出したことは分かっている状態で面接をしているということなのです。面接の重要なポイントになるのは、履歴書では伝えられない内容をいかにして伝えることができるかどうかということです。職種や業種が前職とは異なるものへの転職のために受ける面接もあるかもしれません。新しい...

転職をする際には、職種によって面接のポイントが異なる部分もあります。有益といえるのは、プロのアドバイスを受けることができる転職面接サポートシステムの利用をすることです。異なるのは面接のどんな部分なのでしょうか。パソコンスキルが必須となるのは、例えば事務職です。面接において明確に説明できるようにするとよいのは、職務経験から得たものと、転職後のその活かし方です。営業や販売職の場合に大切なのは、具体的な...

採用のための面接に際しての心構えはあるのでしょうか。実際の面接時に想定される質問事項や要点はあらかじめメモに取るなど、質問内容を整理しておきましょう。面接前の準備として最重要ポイントです。緊張して質問したい内容を忘れてしまうなどの、実際の面接のときにケースを想定して準備することが重要です。面接への準備として大変重要なことは、採用される側が応募する企業が求める人材を知ることです。応募者の持つ人間性や...

転職に限らずいろいろな面接で必ず聞かれる質問として、どうして当社の応募面接を受けにきたのですか?というような質問には、応募者がどれほど会社に興味を持っているかを探るとともに、この会社に何を求めて転職しようとしているのかを探ろうとする意図があります。会社としては、仕事に前向きに取り組む姿勢を持つ人物を好みます。ですから、面接では、転職により安定性や知名度、待遇の良さなどだけを理由として挙げるのはさけ...

転職の際、面接において必ず質問されるのは、「どうしてこの仕事をしようと思ったのですか」「○○業界で働きたいと思うようになった理由は何ですか」「どういう理由で当社に応募したのですか」といった応募者の志望動機です。まずは、転職面接時の質問意図を把握することが大切です。なぜ転職してまで、その仕事をしようとするのか、をさぐる志望動機の質問では、応募者自身の適性と、希望する仕事の中身をどれだけ理解して応募し...

転職の面接では、退職理由についての受け答えこそ、面接官が転職者についてもっとも知りたい質問となります。答える応募者側も慎重に、ここで悪い評価をされないように注意することです。退職理由に関する受け答えの要点として、いかのポイントに注意してみましょう。1.会社の立場に立って考えてみることです。経費をかけて人を採用しても、すぐに辞められてしまっては困ります。新しく応募面接してきた応募者が、同じような理由...

転職面接にはさまざまな失敗例があります。この失敗例を知っておけば、無事に転職面接を終えることになります!転職面接に多い失敗例は、「時間の勘違い」「道に迷う」などの面接をする前の失敗、「寝不足」「基本的な質問に答えることができない」などの準備不足、「一言多い」「ホンネが出てしまった」などの発言での失敗、「謙遜のしすぎ」などアピールでの失敗や、コミュニケーションの失敗などがあります。ここで、転職面接失...