MENU

転職するのが当たり前の時代になった?

一億総中流、護送船団方式、年功序列、そして終身雇用。
古くからあった日本式の社会システムが大きく変わろうとしています。
一億総中流は経済格差拡大の時代となり、護送船団方式から自由競争そして自己責任の時代へ。
年功序列や終身雇用も事実上なくなって現在では能力主義の時代となりました。
学校を卒業して就職した会社に定年まで勤めることが良いこととされていた時代は過去のものとなりつつあります。
実力のある人はより良い条件の職場へと移動し、そうでない人は条件の悪い職場へ追いやられてしまう時代です。
かつて転職は良いこととされてはいませんでした。
せっかく就職した会社を辞めるなんて、というわけです。
会社で何かあったのではと勘繰られることすら珍しくありませんでした。
実際、終身雇用が当たり前の時代に会社を辞めるということは一大事で、それこを会社のお金に手を付けたのでは、会社で異性とトラブルを起こしたのでは、などなど様々な憶測を呼んだものでした。
現在ではその状況は一変しました。
会社の社風が合わないから、条件が折り合わないからという理由で転職することは全然珍しいことではありません。
昔なら「そんな理由で転職するなんて我慢が足りない」と言われてしまいそうな理由です。
現在のこうした状況が生まれたのは、企業だけでなく労働者の考え方が大きく変わったことが考えられます。
企業は新卒・中途採用に関係なく能力のある人に働いてもらいたいと考えますし、労働者も自分の能力を発揮させてくれる、またその能力を正当に評価してくれる会社であればそちらに行きたいと考えるようになりました。
そんな両者の思惑が一致した結果、現在のような転職市場が生まれたのだと思います。

転職情報が検索できるサイトはたくさんあります。
いわゆる転職サイトと呼ばれるものですが、これらのサイトにてよく見かける文言は「適正年収」という言葉です。
能力のある人が、その能力を会社から正当に評価されているかどうか考えてみてくださいという問題提起です。
会社に言われるがままの評価が、もしかすると一般的な市場ではもっと高く評価されるものかも知れないというわけです。
これからは企業が労働者を選ぶだけでなく、労働者も企業を選ぶ時代になったということなのでしょう。
会社に居続けることだけの価値観ではない、こんな転職時代において、どうすれば最も良いキャリアアップが出来るのか、考えてみましょう。

中途採用で正社員になるには?

中途採用とは、定期採用ではない年度の途中での採用のことで、新卒採用ではなくキャリア採用のことです。
中途採用には、経験やスキルがあり、即戦力となることを期待される中途採用と、新卒で就職して2〜3年で転職をする第二新卒の採用とがあります。
即戦力となることを期待される中途採用と、第二新卒の中途採用とでは、当然のことながら正社員になれる条件が違ってきます。
即戦力を期待される中途採用では、採用職種における能力が求められます。
人件費が第二新卒よりかかるわけですから、優秀であることが求められるのです。
社会人として常識的なこと、基本的なマナーが身についているのは当然で、それプラス仕事の能力が求められるわけです。
そのため、この場合での中途採用における採用試験では、前職での実績などにポイントが置かれます。
前の会社で、何を、どのようにし、その結果がどうなったのかなどをアピールするといいでしょう。
一方、第二新卒の採用では、仕事への適正やポテンシャル、やる気などが重視されます。
採用試験の際には、いかに自分がその企業で働きたいか、そこでどのようなことをしたいかということを、はっきり述べることが大切です。
一般に中途採用では、即戦力となることを求められるため、異業種への正社員への採用は難しいと言われます。
しかし、やりたいことがはっきり決まっていて、経験以外でどのように企業に貢献できるかをアピールできれば、異業種への転職が成功し、正社員になることができるでしょう。

関連サイト、お役立ちサイトの紹介です。

借金返済の方法と計画
借金の返済計画や方法をどうすればいいか悩んでいる人、専門家である司法書士や弁護士に相談してみましょう。無料相談OKの相談事務所、紹介しています。

関連サイト・お役立ちサイト紹介です。